美肌になれる美容皮膚科|上手に使い分けることで費用を抑える

サイトメニュー

美容医療を受ける理由

顔に触れる女性

より美肌に近づける

都会だけでなく地方でも「美容皮膚科」が増えてきていますが、一般皮膚科とはどのような違いがあるのか、イマイチ分からないという人も多いようです。一般皮膚科は肌のトラブルや病気を治す治療を行うのに対し、美容皮膚科は治すだけでなくより美しい状態へと導く、美容医療を提供します。例えばニキビの治療でいうと一般皮膚科は抗生剤を処方するなどして、ニキビの炎症を抑えたり治りを早めたりするという治療となるのが一般的です。一方、美容皮膚科の場合はニキビを治すというだけでなく、ニキビができにくい肌質へと改善する治療も行います。同じニキビを治すという治療を行うにしても、ただ単に治すだけでなく肌質まで整えてくれるのが特徴となっています。ニキビだけでなくシワやたるみ、シミといった一般皮膚科では治療対象外の肌トラブルも、治療で改善することが可能です。このように美容皮膚科は様々な肌トラブルを改善し、より美しい肌の状態へと整えるために利用する医療機関です。美容医療はしっかり臨床試験を行い効果が認められた医療行為なので、肌トラブルを改善する効果はお墨付きと言えます。スキンケアや生活習慣を改善しても、なかなか治らない肌トラブルに悩んでいるという人は、美容皮膚科での治療をおすすめします。美容医療が受けられる美容皮膚科は肌の悩みや、コンプレックスを解消できる医療機関の1つで、肌トラブルに悩む多くの患者さんが治療を受けています。ただ、一般皮膚科は受診したことがあっても美容皮膚科に行くのは初めてという人も、まだまだ多いのではないでしょうか。美容皮膚科を初めて利用する人へ「カウンセリングを制するものが、美容医療を制する」というアドバイスを送ります。一般皮膚科の場合は問診票に記入して医師が診察するという流れとなりますが、美容皮膚科の場合は治療を行う前にカウンセリングを行うのが基本です。健康保険が適用されない美容医療を行うケースが多いため、患者さんが納得した上で治療を受けられるよう、カウンセリングを行うのです。クリニックによってカウンセリングを行う人が異なる場合があるのですが、より安心して施術を受けるためには施術を行う医師のカウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングも施術も同じ医師が行えば、患者さんとの意思疎通がしっかりでき、治療も適切な方法をチョイスできるからです。また、カウンセリングを受けてもし「このお医者さんは信頼できないな」と感じたら、他のクリニックで治療を受けることも検討してみましょう。