美肌になれる美容皮膚科|上手に使い分けることで費用を抑える

サイトメニュー

レーザー治療の豆知識

女性

レーザーで美肌になろう

レーザーはしみを消したり、たるみをリフトアップしたりする効果があることから、美容皮膚科の人気治療です。ただの気休めではなく、見た目ではっきりとわかるほどの確実な効果があります。ただし、レーザーには注意点がいくつかあり、これを守らないと逆効果になることは知っておくべきです。美容皮膚科で安全かつ効果的にレーザー治療を受けるために、ダウンタイムやアフターケアについての理解をしっかりと深めておくことをお勧めします。しみを消すレーザーを肌に当てると、その部分にある組織はやけどを負います。レーザーの種類によっては、ジュクジュクしたやけど跡がしばらく残るので、アフターケアが重要です。丁寧にケアをしないとやけど跡が残ってしまったり、しみが再発したりするリスクが高まるからです。レーザー治療後数日は肌を保護するテープを貼っておき、1日に一回、炎症を抑えるクリームを塗ります。メイクアップする場合は、レーザーを当てた部分を避けるのが無難です。ただし、日焼け止めクリームは必須です。レーザー治療をした皮膚は薄くなっているので、日光から出る紫外線を沢山吸収してしまいます。そうすると肌がダメージを負い、メラニンが増えてしみ再発の可能性が高くなるので注意が必要です。美容皮膚科ではいくつのものレーザーマシンを導入しており、それぞれのレーザーで高い美肌効果があります。肌トラブルでよくあるしみやそばかすも、レーザーを当てる治療で簡単に消えます。その場合役に立つのは、しみの元であるメラニン色素に働きかけるレーザーマシンです。黒いメラニンを集中的にやっつけて、最小限のダメージでしみのない色白の肌に仕上げる効果があります。ホルモンのバランスの乱れで発生する肝斑も、低出力なレーザーを当てることでなくすことが可能です。昔は肝斑にレーザーをあてると悪化するリスクがありましたが、今は肝斑用のレーザーが開発されているので安心です。加齢による肌トラブルに悩んでいる人達に人気なのが、ほうれい線などのしわ・たるみをリフトアップするレーザーマシンです。フラクショナルレーザーなどは、真皮層内部のコラーゲン量を効率的に増やし、しわやたるみを薄くするアンチエイジング効果があります。切る外科手術の場合は手術による体への負担やダウンタイムが不安です。しかし、レーザーなら日帰りで気軽にできます。不自然ではなく、あくまでも自然に肌につやがでてゆっくりと若返っていくので、美容皮膚科でアンチエイジングをしている美魔女は多いです。